借金滞納による給料の差し押さえを防ぐ方法

“借金の返済が滞っていると給料の差し押さえを受けることが有ります。これは債権者が裁判所に申立を行い、その申し立てが裁判所に受け入れられると失効されるもので、一定のルールは有りますが収入の殆どを受け取ることが出来ない状態になります。又、差し押さえられていることが勤務先などには分かってしまうので、社会的信用を失ってしまう要因になります。
借金滞納を行っている場合にこの給料の差し押さえを防ぐ方法は、基本的には借金を返済する以外にありません。借金は法的に認められている契約であるので、その契約を守らないという理由で債権者が裁判所に訴えた場合には、裁判所は差し押さえの判断をするのが一般的です。
そのため、この差し押さえを防ぐためには、債権者が裁判所に申立をする前に、対策を行う必要があります。大抵の場合には督促状が届いたり、電話での催促が有るので、この際に可能であれば返済することが大切です。
しかし、どうしても払うことが出来ないという人も少なくありません。この場合には、出来るだけ早く債務整理の手続きを取ることが大切です。債務整理の手続きを行うと、その時点で督促や催促は停止しなければいけないことになっており、また債権者が給料の差し押さえの申立をしても認められることはありません。その後、債権者との話し合いや、裁判所の判断により返済の期日や返済額を変更して支払うか、若しくは自己破産などの手続きをとることにより、それぞれに応じた対処をすることになります。
借金滞納で最もいけないのは督促状や催促に対してこれを無視することです。無視すると債権者は支払う意志が無いと判断し、給料の差し押さえなどの法的手段に訴えることが多いものです。返済したいけれど返済できないという意志を明確に示すことが給料の差し押さえを回避するためには重要です。”
奨学金 延滞 3ヶ月